• ホーム
  • 新築じゃなくてもいい!中古物件の魅力

新築じゃなくてもいい!中古物件の魅力

2019年10月04日
きれいな家

かつてはマイホームといえば新築物件が当然のこととされていました。建物は減価償却の関係で、建築後20年ほどが経過すれば資産価値は実質0と考えられており、木造住宅の多い日本では数十年程度で建て替えられることが前提になっていたので、中古物件をマイホームの選択肢に入れるという発想はほとんどとられていませんでした。
ところが最近では地方だけでなく、都市部においても家主がいなくなった空き家が増えています。中古物件は価格面でも新築物件を購入する場合に比べると、相場の2割から5割程度安い値段で購入することが可能です。

そして中古物件の市場が活性化しつつあるのは、リノベーションで住み心地が良く最新設備も備えた新築物権同様のマイホームを手に入れるスタイルが定着したことが関係しているようです。リノベーションに類似したものにリフォームがあります。リフォームは経年劣化などで老朽化したり破損した箇所を補修修理や交換するなどして、新築当時の状態に回復させることを目的にする工事です。

これに対してリノベーションは老朽化した水回りなどの設備の補修などにとどまるものではなく、最新の耐震性を持たせたり、新築当時を上回る住み心地の良さを実現するなど、新築物件を越える価値をマイホームに与える工事です。リノベーションでは時には間取りの変更も伴う場合があり、みすぼらしい状態の中古物件でも最新の建築物件かと見間違えるほどの仕上がりを期待できるのも魅力です。

中古物件のリフォームでは耐震性まで十分な強度を確保出来ない場合もありますが、リノベーションでは構造上の制限があるものの耐震性を高めるなどのオーダーにも対応可能です。また中古物件は価格のわりに、交通アクセスや商業施設・学校などの教育施設が近くに立地していることが多いのも魅力のひとつです。新築物件では価格面で周辺の交通アクセスなどの立地条件で譲歩せざるを得ない場合が多いのは事実です。これに対して中古物件では当然のように値段が安い、わかりやすい価格設定なので、リノベーションを踏まえて資金計画を立てれば理想のマイホームを入手するのも容易です。

中古物件は老朽化や耐震性などのスペック面で、新築物件に叶わないのは事実です。しかし中古だからと言うわかりやすい理由での安い価格設定や、リノベーションによる最新式の水回り設備をチョイスしたり、間取りの変更なども選択することで、リーズナブルに理想のマイホームに仕上げることができるのが大きな魅力です。

関連記事
気になる!30代からの加齢臭対策!

梅雨時や夏場など誰でも汗を多くかく季節には、汗のにおいに気を揉んだり不快な思いをする機会が増えますが、これとは別に季節を通して放出されているニオイがあります。それが中年以降の年齢になると発生することが多くなる加齢臭です。中年男性のイメージが強いですが、実は女性でも発生するもので生来的に皮脂が多い男性...

2019年10月24日
男は30歳から!アラサーに危機感を覚える必要なし!

気がついたらあっという間に20代はすぎてしまって、気がついたら30代を迎えてしまっているものです。人間は年齢を重ねるほどに時間経過が早くなるように感じる心理が働くようで、30代を迎えてから回顧的に過去を振り返ると、瞬く間に時が経過し年をくった、との印象が強くなるのはむしろ当然のことのようです。20代...

2019年11月28日
結婚しても子供って本当に必要ですか?

結婚すれば子供を産むと言うのは、かつては当然のことと考えられており誰も疑問を持つことはありませんでした。戦後経済成長期前後を経て結婚して両親と子供2人と言う世帯が、ひとつのモデルケースと想定されていた時代が継続していたのは事実です。しかるにいわゆるベビーブーマーJrの世代でピークを迎えた出生者数は減...

2019年11月13日
マイホームの購入は30代が適齢期!

賃貸物件に何年間も居住し続けていても、資産になることはありません。賃貸マンションにはファミリータイプの物件もありますが、快適な居住性能を追求すると家賃もそれなりの金額になります。子供が生まれたばかりならともかく、小学校の入学も控える頃には活動範囲も広くなり、マンションでは手狭さが意識されるようになり...

2019年09月17日
30代は人生を振り返るターニングポイント?

30代と言う年代は20代の若者からみれば、中年のカテゴリーに入りかなり年をとったとの印象を持ちがちです。反対に40代や50代以降の世代から見ると、まだまだ随分と若さも残る世代との印象が強いといえます。これほど世代により所感が異なるというのは、30代が人生のターニングポイントともいえる年代に当たること...

2019年09月02日