• ホーム
  • 30代は人生を振り返るターニングポイント?

30代は人生を振り返るターニングポイント?

2019年09月02日
色々な高いビル

30代と言う年代は20代の若者からみれば、中年のカテゴリーに入りかなり年をとったとの印象を持ちがちです。反対に40代や50代以降の世代から見ると、まだまだ随分と若さも残る世代との印象が強いといえます。これほど世代により所感が異なるというのは、30代が人生のターニングポイントともいえる年代に当たることを意味すると考えることができます。

20代で社会に出る方が多数であることを想定すれば、すでに10代後半から就業している方も加えると、相応の仕事上の経験を積んでおり、これまでの努力が実を結び始める頃と言えます。他方で責任や権限を手にし始める年代とはいっても、まだまだ不安定な時期で、将来に向かってまだまだ努力を積むべき時と考えることも出来そうです。

ターニングポイントと言うのは、いわば今後の進路にとっての分かれ道、30代以降の将来の人生の目標を達成するために、努力するべき年代にあると考えて行動するべき年代です。それではこの時期に済ませておくべき事項にはどのようなものがあるのでしょうか。

転職市場では30代がひとつの目安になるとの見解が一般的です。一億総活躍社会という言葉が働き方改革における重要なキーワードになっており、実際に40代や50代でジョブチェンジに成功し高額なサラリーを得ることに成功している方もいるのは事実です。しかしながら安定して長期間就業してくれる人材を企業が求めているのも事実です。現在の職場の環境と自分のスキルなどとの兼ね合いで転職を検討するなら30代は一区切りをつけるべき年代と言えます。

20代ほどではないとは言え、リスクを冒して起業するというのも、30代に決断する向きが多いようです。起業するには奉職するのに比べればはるかにエネルギーと貪欲さが必要です。不安定な環境に身をさらし目標に邁進するには、30代は最適の年代。仮に失敗しても精神的にも身体的にもまだまだリカバリーは可能です。

そして充実した人生は健康な身体があってこそです。30代は生活習慣病などのリスクは、さほど高いとはいえませんが、40代以降の健康面のリスクはそれ以前の生活の積み重ねが反映してきます。20代であれば多少の不養生や無理をしても、すぐに回復すること出来たはずです。しかし若い頃の意識のままで漫然と日常生活をおくっていると、40代以降に年齢になって病気に至らなくても外見ややる気などの原動力に影響してきます。30代からは健康管理を意識する生活を始めて下さい。

関連記事
気になる!30代からの加齢臭対策!

梅雨時や夏場など誰でも汗を多くかく季節には、汗のにおいに気を揉んだり不快な思いをする機会が増えますが、これとは別に季節を通して放出されているニオイがあります。それが中年以降の年齢になると発生することが多くなる加齢臭です。中年男性のイメージが強いですが、実は女性でも発生するもので生来的に皮脂が多い男性...

2019年10月24日
結婚しても子供って本当に必要ですか?

結婚すれば子供を産むと言うのは、かつては当然のことと考えられており誰も疑問を持つことはありませんでした。戦後経済成長期前後を経て結婚して両親と子供2人と言う世帯が、ひとつのモデルケースと想定されていた時代が継続していたのは事実です。しかるにいわゆるベビーブーマーJrの世代でピークを迎えた出生者数は減...

2019年11月13日
新築じゃなくてもいい!中古物件の魅力

かつてはマイホームといえば新築物件が当然のこととされていました。建物は減価償却の関係で、建築後20年ほどが経過すれば資産価値は実質0と考えられており、木造住宅の多い日本では数十年程度で建て替えられることが前提になっていたので、中古物件をマイホームの選択肢に入れるという発想はほとんどとられていませんで...

2019年10月04日
マイホームの購入は30代が適齢期!

賃貸物件に何年間も居住し続けていても、資産になることはありません。賃貸マンションにはファミリータイプの物件もありますが、快適な居住性能を追求すると家賃もそれなりの金額になります。子供が生まれたばかりならともかく、小学校の入学も控える頃には活動範囲も広くなり、マンションでは手狭さが意識されるようになり...

2019年09月17日